ヘアメイクの資格を取得するには?

ヘアメイクアップアーティストとして活躍していくためには、どのような方法をとればいいのか、また、何か取得したほうがいい資格はあるのか等、疑問に感じている方も多いかと思います。

 

ヘアメイクの仕事をするためには、必須とされている資格は今のところありません。

 

そのため、ヘアメイクの資格は取得する必要がないと感じられるかもしれませんが、資格を取得することで、自分が持っている知識や技術を証明することが出来ます。

 

就職や転職の際にも自分をアピールするために有効となりますので、取得しておいたほうがいいとも言えるのです。

 

では、どのようにヘアメイクの資格を取得すればいいのでしょうか。

 

ヘアメイクに関する資格ってどんなものがあるの?

先ほどもご説明しましたように、ヘアメイクの資格がなくてもヘアメイクアップアーティストとして働いていく事が出来ます。

 

ただ、あまり現実的とは言えません。

 

未経験かつ無資格の状態で働く事が出来る職場が少ないためです。

 

ヘアメイクの資格としては国家資格ではなく、いくつかの民間資格が存在しています。

 

○IBF国際メイクアップアーティスト認定試験
○メイクアップ技術検定試験
○色彩検定

 

など、このような資格がヘアメイクに関する資格の中で代表的なものです。

 

これらの資格を取得するにはどうすればいいのでしょうか。

 

ヘアメイク関連の資格を取得するには?

上記のような資格を取得するためには、まずは受験資格を満たす必要があります。

 

例えば、IBF国際メイクアップアーティスト認定試験の場合、IBFが指定する各スクール所定のカリキュラムを修了し、修了証書をもっていることが条件となります。

 

そのため、自分が受験したいそれぞれの試験の受験資格を満たしているかどうかを確認することが大切になります。

 

試験は実技と筆記で行われていることが多く、自分のヘアメイクの技術や知識が試される事になります。

 

スクールに通って対策を行うことが一番の近道であり、独学で取得するというのは難しい部分があります。

 

知識面に関してはテキストなどを読み込んで身につけることが出来ますが、技術面に関しては独学ではなかなか習得できません。

 

スクールに通ったり、モデルとなってくれる方を探す必要があると言えます。