「ヘアメイクアップアーティスト」と「ヘアスタイリスト」の違いとは?

ヘアメイクアップアーティストを目指している方の中には、ヘアメイクアップアーティストとヘアスタイリストの違いがいまいちわからないという方もいらっしゃるかと思います。

 

自分が目指している職業と似ているようで異なる職業については、しっかりと説明できるようにしておきたいことろです。

 

両者は同じように思われるものですが、実際にはどのような違いがあるのでしょうか。

 

仕事内容の違い

ヘアメイクアップアーティストとは、モデルさんや女優さん、タレントさんなどの、髪のセットからメイクまでをこなすアーティストを指します。

 

髪のことからメイクのことまで幅広い知識やセンスが問われ、高い技術も必要になってきます。

 

さらに、ヘアメイクに関しての知識や技術だけではなく、ネイルや色彩、ファッションについての知識なども必要になるため、感性を磨くことも大切です。

 

ブライダル・サロンなどで活躍することが多いお仕事です。

 

一方、ヘアスタイリストとは、お客様に対してカット・カラー・パーマなどを提案し、希望に沿った仕上がりになるように施す方を指します。

 

つまり、美容師さんの別の呼び方と捉えるとわかりやすいかもしれません。

 

お客様の要望を聴いたり、提案を行うことから、高い接客スキルや知識・技術が問われることになります。

 

結婚式やイベント時などのヘアスタイルを提案したりすることもあるため、センスも問われます。

 

美容室、サロンなどで活躍することが多いお仕事です。

 

民間資格と国家資格

仕事内容の違いに加えて、資格の違いもあります。

 

ヘアメイクアップアーティストの場合、美容師の資格を取得される方も多いのですが、メイクアップアーティストとしての民間資格を取得される方も多くなっています。

 

必ず美容師の資格がなくてはならないというわけではなく、無資格での就職も不可能ではありません。ただ、最低限、民間資格の取得が求められます。

 

一方、ヘアスタイリストの場合、美容師の国家資格が必要になります。

 

国家資格を取得したからといってすぐに働けるわけではなく、一定期間アシスタントとして修行を積まなくてはなりません。

 

お店が閉店してから自分で髪を切る練習をしたりと、下積み時代が大切になります。