ヘアメイクアップアーティストになるには?

テレビや雑誌などで、ヘアメイクアップアーティストの方が活躍される場面を見ると、とても華やかなイメージがあり憧れるという方もいらっしゃるかと思います。

 

モデルさんたちを綺麗にメイクして、舞台栄えするような仕事をするというのは、素晴らしいと感じると思います。

 

有名な方になると、どんどん仕事の依頼が入ってきますので、とても忙しくなります。

 

そんな華やかなイメージやとても手際の良い姿を見て、へメイクアップアーティストを目指す方もいらっしゃいます。

 

では、ヘアメイクアップアーティストになるには、どうすればいいのでしょうか。

 

資格は必要?

ヘアメイクアップアーティストになるために必須となる資格があるのかと言いますと、実はそのような資格はありません。

 

そのため、働きたい!と感じ、働く場所さえあれば、今すぐにでもヘアメイクアップアーティストとして働く事が出来ます。

 

もちろん、無資格かつ未経験という方を採用してくれる職場は少ないのですが、不可能ではありません。

 

一般的な方法はどんなもの?

未経験かつ無資格の状態で働く事も不可能ではありませんが、多少無理があるとも言えます。

 

一般的な方法としては、美容専門学校に入学し、しっかりと基礎から知識と技術を身につけていく方法があります。

 

実習なども経て、ある程度の力をつけてから、ブライダルサロンやメイクサロン、企業などに就職するというパターンが多くなっています。

 

専門学校を出てそのまま就職という方が多い中、美容師の国家資格を取得する方もいらっしゃいます。

 

美容専門学校であれば、美容師の国家資格に対応しているところも多くありますので、そちらで学ぶという方法は人気があります。

 

ヘアメイクを行うにあたり、美容師の資格があると、何かと有利になるのですね。

 

サロンに就職する

専門学校を出てから美容師の資格を取得せずに、そのままサロンに就職するという方法も人気です。

 

この場合、ヘアメイクではなくメイクアップアーティストとして活躍していくことが出来ます。

 

プロダクションに就職する

プロダクションに就職すると、映画や雑誌、テレビなどのモデルさんや出演者の方にメイクを施すことが仕事となります。

 

要求されたとおりにメイクを施す必要があり、決められた短い時間の中で何人もの方のメイクを行うため、技術や知識が不可欠となります。

 

他のスタッフとの連携もありますので、コミュニケーション能力なども必要とされます。