最短でヘアメイクアップアーティストになるには?

ヘアメイクアップアーティストに憧れている方からすれば、1日も早く現場に出て働きたい!という気持ちが大きいと思います。

 

テレビや雑誌でメイクさんを見たり、綺麗にメイクを施されたモデルさんを見るだけでも、心が踊りだしてしまうということもあるのではないでしょうか。

 

では、できるだけ早くヘアメイクアップアーティストになりたいという場合には、どうすればいいのでしょうか。

 

手っ取り早いのは、資格を取得して就職!

最短と言える方法は、やはり資格を取得してから就職するという方法です。

 

極端な話になりますが、それよりも早い方法としては、無資格の状態で就職するという方法もあります。

 

無資格の状態で採用してもらうことは難しいのですが、その方にセンスを感じたり、魅力を感じた場合には採用してもらえるかもしれません。

 

ただ、無資格の状態では自分の知識や技術がどの程度あるのかということを証明できないため、やはり資格を取得してから就職するという方法がおすすめです。

 

資格を取得するといっても、民間資格となるメイクアップアーティスト関連の資格には、それぞれ受験資格が設けられています。

 

例えば、その資格を認定している団体が指定するスクールにて、所定のカリキュラムを修めている方というような受験資格の場合、いくら早く取得したくても、そのスクールで学ぶ必要があります。

 

数ヶ月はかかってしまいますが、専門学校に通うよりは短い時間で資格を取得することが出来ます。

 

中には独学でも受験できる試験がありますので、受験資格をしっかりと確認してから決めるようにしてくださいね。

 

知識と技術を高めてから就職すると◎

ヘアメイクアップアーティストとして活躍するためには、やはり知識や技術が必要となります。

 

メイクだけではなくヘアセット・アレンジなども行うため、幅広い知識が求められることになります。

 

カットやパーマ、カラーなども行えたほうが仕事の幅が広がるということで、美容師の国家資格を取得される方もいらっしゃいます。

 

専門学校やスクールで、美容師の国家資格取得を目指しつつ、ヘアメイクの知識と技術を高めることもおすすめです。

 

専門学校であれば実習も豊富にありますので、就職してからの実践力が身につきますし、仕事に入りやすくなります。