高卒でヘアメイクアップアーティストになるには?

ヘアメイクアップアーティストに憧れている方の多くが、高校生や大学生など若い年齢の方ではないかと思います。

 

テレビや雑誌、ネットの影響を受けやすいこともあり、ヘアメイク関連の仕事に就きたいという方は増えています。

 

最近の若い方の場合、普段からメイクをする機会が多いということも関係しているのかもしれません。

 

高卒でヘアメイクアップアーティストになるためには、どうすればいいのでしょうか。

 

しっかりとルートを把握し、将来の夢に近づけるようにしましょう。

 

高卒からヘアメイクアップアーティストになるルートとは

高卒からヘアメイクアップアーティストになるためのルートとしては、以下のようなものがあります。

 

1.高校を卒業してからメイクアップ専門学校に通い、就職する
2.高校を卒業してから美容専門学校に通い、美容師の国家資格を取得し、就職する
3.未経験の状態で就職する

 

具体的にはこのようなルートがあります。

 

一般的には、専門学校に通い、そのまま就職するという方法が人気です。

 

美容師の国家資格を取得される方も多いのですが、ヘアメイクというよりもメイクを重点的に行いたいという方の場合、メイクの専門学校に通い、そのまま就職というルートとなります。

 

ブライダルサロンに就職したいという方の場合には、美容師の資格もあった方がいいといわれていますので、自分のやりたい事に合わせてルートを選ぶようにしてくださいね。

 

そして、未経験の状態で就職するという方法もあるのですが、こちらはあまりおすすめではありません。

 

というのも、高卒ということで知識も技術もまだ未熟、むしろ無いに等しい中で、就職するということ自体が難しくなります。

 

基礎的な知識や技術を身につけておかなくては、就職してから活躍していくことができなくなってしまいます。

 

そのような意味でも、やはり専門学校に通い、基本的なことを習得しておくことがおすすめです。

 

ヘアメイクアップアーティストとして活躍するために年齢はあまり関係ありません。

 

センスや技術、知識がものを言う仕事となりますので、まずは基礎的なことを学ぶ必要があるのです。