独学でヘアメイクアップアーティストになるには?

ヘアメイクアップアーティストは、国家資格や必須となる資格も存在していないことから、どなたでも目指すことが出来る仕事となっています。

 

ただ、知識や技術、センスなどが問われる仕事となりますので、無資格・未経験という状態ではなかなか就職することが出来ません。

 

ですが、学校に通うにしても、経済的に難しいという場合や、時間的に難しいという場合もあるかもしれません。

 

では、独学でヘアメイクアップアーティストになるためには、どうすればいいのでしょうか。

 

知識に関しては問題ない

ヘアメイクアップアーティストとして活躍していくためには、専門的な知識や技術が必要となります。

 

独学の場合には、知識を習得することに関しては特に問題はないかと思います。

 

今は専門書もたくさん販売されていますし、書籍を購入しなくともネットで事足りる場合もあります。

 

参考書などを数冊読み、色彩についても勉強していくことが出来れば、ヘアメイクの知識を身につけることができます。

 

問題は技術面です

知識面は、独学でも十分に身につけることが出来ると言えますが、技術面に関しては問題があります。

 

というのも、技術面というのはどうしても書籍などでは身につけることが出来ず、講師や先生から教えてもらう必要があるためです。

 

メイクを施す練習をするために、モデルとなってくれる方を探すことも一苦労と言えます。

 

身近な方に協力してくれる方がいらっしゃればいいのですが、もし練習相手になってもらえたとしても、メイクが完成してから評価してくれる人がいません。

 

そのため、自分のメイクの技術のレベルはどの程度なのか、しっかりと学んだ事をいかせているのかという部分が分からないままになってしまうのです。

 

専門学校であれば、プロの講師が直接しっかりと指導を行ってくれますし、メイクを施した後の評価も行ってくれます。

 

実習もあるため、短期間で技術と知識の両方を身につけることが可能です。

 

独学の場合には、この技術面をどうするのかという点を考えなくてはならないため、難しいとも言えます。