趣味でヘアメイクの資格を取得する

「ヘアメイクのプロになる夢を漠然と持っていたけれど、大学を出て別の道に進み、結婚してそのままに…。子育てが一段落した今、改めてヘアメイクを学び、努力の証として資格も取りたい」。

 

でも、通学して若者たちと机を並べるのはちょっと気後れする、という方におすすめなのが、IBF(国際美容化連盟)の直轄スクール「ニューヨークメイクアップアカデミー」の通信講座「ホームスタディコース(通信+スクーリング)」です。

 

学習期間は1年で、全カリキュラムを修了し、認定試験に合格すると、『IBF認定 国際メイクアップアーティスト』の資格が取得できます。

 

通信講座なら臆せず受けられる

同校のコンセプトは、時代の流行に流されたり、偏ったスタイルに固執するのではなく、あらゆる現場に対応できるバランスよい実力を身につける、というもので、講座も基本重視のカリキュラムとなっています。

 

スキンケア、ベースメイクといった“基本のき”からスタートし、それらをマスターした上で、さまざまなテクニックを習得します。一方、規定のカリキュラムとは異なる“旬”のメイクを学び、実践するフリーカリキュラムもあります。

 

画像の送付でプロの添削を受ける

大きな特色は、知識の学習と並行して技術の学習も行い、受講生が制作したヘアメイクの画像を送ると、現役のメイクアップアーティストが丁寧な添削をしてもらえる点です。

 

添削によって、欠点を克服し、繰り返し練習することによって、技術の向上を図ることができます。

 

資格試験は、筆記と実技となりますが、スクーリングによって受験対策講座を受講し、資格試験に臨むわけですが、試験は在宅での受験が可能となっています。

 

同校には通学講座もあり、スクールで開講されるスクーリングも受講可能です。また、希望すれば、学習の途中に、通学講座に移籍することもできます。

 

趣味とは言っても、基本は充分に学ぶことができます。資格を取得したら、さらにヘアメイクの世界を極めたくなるかもしれませんね。