IBF国際メイクアップアーティスト認定試験とは?

メイクアップアーティストとして活躍したいという夢がある方は、専門学校に通ったり、短大などで学ぼうとされる方も多いと思います。

 

ですが、中には学校に通うよりも、資格を取得してそのまま現場で働きたいという方もいらっしゃいます。

 

今回は、メイクアップアーティストとして働く方の関連資格の一つである、「IBF国際メイクアップアーティスト認定試験」について、詳細を見ていきたいと思います。

 

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験って?

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験とは、IBF(International Beauty Federation)国際美容連盟が認定する資格試験です。

 

国際的に共有することが出来るメイクアップについての知識や技術の基本を理解し、メイクアップが出来ることを証明する資格となります。

 

IBFに認定されているもので、資格を取得すれば、就職や開業、フリーランスとして活躍する際などに、IBFから活動に関する支援を受けることが出来ます。

 

試験では基礎から応用までのメイク技術が試されるため、合格することで、一定の技術や知識があることが証明出来ます。

 

受験資格はあるの?独学じゃ無理?

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験を、独学で受験したいという方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、こちらの認定試験には、受験資格が設けられており、独学で受験するということは出来ません。

 

受験資格は、「IBFが指定している各スクール所定のカリキュラムを修了し、その修了証書を持っている方」で、所属しているスクールの修了証のコピーが必要です。

 

受験する際には、スクール指導部より願書を受け取ることになります。

 

資格取得の重要性

メイクアップアーティスト仕事は、資格がなくても就くことが出来ます。

 

資格が不要なら、このような試験は受験する必要がないのでは?と考える方もいらっしゃると思います。

 

ですが、資格を取得するということは、とても大切なことなのです。

 

例えば、結婚式の際のメイクを、知識や技術がどのくらいあるのか分からない無資格の方に依頼したいと思いますか?

 

人生の大切な日のメイクくらいは、しっかりとした資格を取得していて、知識や技術もともに高い方に依頼したいと感じるのではないでしょうか。

 

お客様に満足していただくためにも、信頼関係を築くためにも、このような資格を取得しておくことはとても大切です。

 

就職の際にも資格があることで、多少有利になることがありますし、自分の知識や技術を証明することが出来ます。

 

資格が不要なら取得しなくてもいいという考え方ではなく、自分のため・お客様のために、取得することが大切なのです。