IBF国際メイクアップアーティスト認定試験の出題内容

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験は、メイクアップアーティストとして活躍したいと考えている方にとって、ぜひ取得したい資格であると思います。

 

受験資格として、IBFが指定しているスクールにて、所定のカリキュラムを修了した方という条件がありますので、独学で取得を目指すことは出来ません。

 

指定のスクールで学び、受験することになりますが、その試験の出題内容については気になる方も多いと思います。

 

そこで、IBF国際メイクアップアーティスト認定試験の出題内容について、見ていきたいと思います。

 

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験はどんな内容?

こちらの試験の出題内容について、まとめてみました。

 

まず、試験には実技試験と筆記試験の両方があり、実技試験にはモデルさんが必要になってきます。

 

この試験の内容については、筆記と実技があるというだけで、公式サイトに内容など発表がありません。

 

そのため、IBF国際美容連盟の直轄校であるニューヨークメイクアップアカデミーの対策講座の内容から、出題内容を予想していきたいと思います。

 

こちらの講座で学ぶ内容は、以下のとおりです。

 

・スキンケア
・ベースメイク
・バーツ別メイク
・カラーコーティネイト
・基礎のテクニック
・メイクアップバリエーション
・スクーリング
・旬のメイクアップアーティストのテクニック
・レッスンの総仕上げ

 

このような内容を学んでいくことになりますので、認定試験もこの範囲内で出題されるものと思われます。

 

ニューヨークメイクアップアカデミーには、通信講座と通学講座がありますので、自分の好きな学習スタイルで学ぶことが出来ます。

 

通信講座の場合、スクーリングに参加することが可能となっており、試験対策を受講期間中に、本来IBF正会員が出席することが出来るIBFセミナーにも、直轄校割引にて参加することが可能です。

 

筆記と実技の両方の試験が行われるため、スクールで学ぶ内容を自分なりに把握・理解することが重要です。

 

具体的な対策は指定のスクールにて

上記のような出題内容となることが予想されるこちらの試験ですが、具体的な試験対策などは、指定のスクールにて行うことが出来ます。

 

むしろ、それらのスクールで学ぶ内容さえしっかりと理解していれば、合格することが出来る試験とも言えます。

 

難しく考えずに、毎日の勉強を1つずつしっかりと理解するようにしていくことが、合格への近道となります。