日本メイクアップ技術検定試験とは?

メイクアップアーティストに憧れる方が取得を目指す資格といえば、有名なものはIBF国際メイクアップアーティスト、MSOJメイクアップ検定、そしてもう一つ、日本メイクアップ技術検定試験があります。

 

それぞれ受験資格が設けられていますので、受験の際には確認しておくことが大切です。

 

ここでは、日本メイクアップ技術検定試験の詳細を見ていきたいと思います。

 

日本メイクアップ技術検定試験ってなに?

こちらの試験は、一般社団法人JMAが認定している試験となります。

 

国際的に通用するメイクアップアーティストの育成を目指しており、JMAが定める正しいメイク基準が基本となっています。

 

3級・2級・1級という3つの級があり、それぞれの試験で実技試験のみ行われます。

 

検定試験は、日本メイクアップ技術検定試験公式テキストに基づいて行われ、飛び級での受験は不可となっています。

 

また、同時受験が可能となるのは、3級と2級のみです。

 

受験に際して、受験資格が設けられていますが、指定のスクールに通ってカリキュラムを修了というようなものではありません。

 

受験資格は、1級を受験する場合には2級に合格していること、2級を受験する場合には3級に合格していること、というように、上位級を取得するためには下位級を取得していることが条件となります。

 

実技試験のみ行われるということで、いかに自分に知識と技術があるかどうかがポイントとなります。

 

3級・2級・1級それぞれ試験内容が異なり、どのような範囲で出題されるのかが公表されていますので、それを見ながら対策を行うことがおすすめです。

 

試験対策はどうすればいい?

こちらの試験は、指定のスクールにてカリキュラムを修了というような受験資格がないことから、独学で受験することが可能となっている試験です。

 

試験対策として、ヒューマンアカデミーのJMAメイクアップ技術検定2級対策講座などがあります。

 

そのような講座を活用して知識と技術を身につけることで、合格に近づくことが出来ます。

 

独学では学びきれない部分をしっかりとカバーしつつ、合格を目指して感性なども磨いていくことが大切です。