MSOJメイクアップ検定の難易度は?

メイクアップアーティスト関連の資格の代表的なものとして挙げられる「MSOJメイクアップ検定」ですが、こちらの試験の難易度はどのくらいになっているのでしょうか。

 

難易度を知ってから、勉強方法を工夫していくことで、合格に近づくことが出来るようになります。

 

では早速、こちらの試験の難易度について見ていきたいと思います。

 

難しい?それとも簡単?MSOJメイクアップ検定

MSOJメイクアップ検定は、3級・2級・1級・認定講師という4つの試験が用意されているもので、当然ながらそれぞれの級によって難易度が異なります。

 

全ての級において、MSOJが認定する理美容専門学校もしくはメイクアップ専門学校に入学する必要があります。

 

これは受験資格となっているため、独学では受験が出来ず、必ず専門学校で学んでいくことになります。

 

合格率などが発表されていませんので、合格率から難易度を予測することは出来ません。

 

ただ、指定の専門学校にて学ばなくてはならないことから、その学校で学ぶ内容の中から試験問題が出題されると予測することが出来ます。

 

そうなると、毎日学ぶ内容をしっかりと理解し、技術などを自分のものにしていけば、合格することが出来る難易度だと言えます。

 

授業をさぼったり、分からないところを曖昧なままにして放っておくことなく、すぐに質問したり自分からチャレンジしていくことで、合格に近づくことが出来ます。

 

試験を受験するにあたり、指定されているテキストがあることから、そちらも使用しつつ対策を行っていくことが大切です。

 

文章だけを見ていると簡単なように感じられるかもしれませんが、実際の試験はそう簡単に済むものではありません。

 

事前審査として、メイクパレットの点検や、自分自身の手指の爪、ヘアースタイルなども審査がありますので、減点されることがないようにしっかりと準備しておく必要があります。

 

メイクパレットは、メンテナンス不足やパレット内の汚れが感じられる場合に減点となり、爪に関しては汚れや長さなどで減点となることがあります。

 

試験だけではなくこのような点についても、普段からしっかりと注意しておきたいですね。