ヘアメイクに資格は必要?

資格はなくてもプロになる道

実は、ヘアメイクアーティストは、国家資格である美容師さんのように資格が問われることはほとんどありません。

 

中には、ヘアメイク関連の企業で、求人の際に一定程度の知識と技術を証明する資格を重視するところもありますが、経験者となると、資格を不問とする場合も多いようです。

 

ヘアメイクアップアーティストは、プロのもとで修練を積み、その力が評価されるようになれば、将来的にプロとして独り立ちすることも可能な仕事です。

 

修練を積む方法とは、現役の高名なヘアメイクアップアーティストのアシスタントとして働き、見よう見まねで仕事をおぼえる、というものです。

 

先輩の仕事からわざを“盗む”ようにして、仕事の1つ1つを体得していくなんて、まるで美術工芸の職人さんのような世界です。

 

“師”との相性もある

高名なメイクアップアーティストに知己を得て、臆せず弟子入りできる度胸も必要ですが、思い描いていた仕事の世界に、いきなり核心から入っていくため、人によっては水を得た魚のようにアシスタントをこなし、キャリアを積んで早々と独立、などのケースもあるかもしれません。

 

一方では、難しい点もあります。“いきなり核心に入る”ことが、向かない人だってあるでしょう。まだ不慣れなためにまごつくことだってあるのです。

 

無視できないものに、”師”との相性もあります。

 

身を粉にしてアシスタントをこなしたのに、能力が評価されない、あるいは、“この子、使えない”とクビになった、というのでは、諦めも付くかもしれませんが…。

 

王道はスクールへ通うこと

不慣れなうちにいきなり核心に飛び込んだばかりに、精神的にしんどくなったり、マイナス面を背負いこむのも残念ですね。

 

その点、同じ志を持つ仲間たちとともにスクールに通い、基礎から学んで切磋琢磨しあいながらじょじょにステップアップし、資格を得ることは、ムリなくプロを目指すための王道と言えます。