ニューヨークメイクアップアカデミーの特徴&評判

IBF(国際美容連盟)では、IBF国際メイクアップアーティスト認定試験が行われています。

 

この資格試験を受験するには、受験資格が設けられており、「IBFが指定するスクールにて、所定のカリキュラムを修了している方」という条件を満たさなくてはなりません。

 

IBFには直轄校があり、そこで講座を受講することで試験を受験することが可能となります。

 

その直轄校として、ニューヨークメイクアップアカデミーがあります。

 

今回は、ニューヨークメイクアップアカデミーの特徴や評判について、見ていきたいと思います。

 

ニューヨークメイクアップアカデミーの特徴は?

IBFの直轄校であるニューヨークメイクアップアカデミーの特徴には、以下のようなものがあります。

 

@インスティテュートコース(通学)と、ホームスタディコース(通信)の2種類がある
A講師は第一線で活躍するIBFの講師
B希望者には英語での受講も可能
Cホームスタディコースの受講生も、スクーリングに参加することが可能

 

など、このような特徴があります。

 

「通学」と「通信」の2種類がある

こちらの講座では、インスティテュートコース(通学)と、ホームスタディコース(通信)の両方の講座が開講されています。

 

スクールに足を運び、講師から直接、集中的に学びたいという方の場合には通学講座がおすすめです。

 

通信講座であれば、社会人の方や主婦の方が、自宅で空いた時間に自分のペースで学習出来るため、こちらもおすすめです。

 

自分の生活スタイルに合わせてコースを選べるというのは、嬉しい点です。

 

講師は第一線で活躍するIBFの講師

こちらの講座の講師は、雑誌やCM、ショーなどで活躍されているプロのため、経験を活かした指導を受けることが出来ます。

 

通学講座ではもちろんプロから指導を受けることが出来ますし、通信講座でもプロから添削してもらうことが出来ます。

 

現場での経験を活かした指導を受けられるということで、身につきやすいと言えます。

 

希望者には英語での受講も可能

希望者には、英語での受講も可能となっています。

 

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験は、国際的に通用するメイクアップアーティストを育成する目的がありますので、将来は海外で活躍したいと考えている方は、英語で講義を受けるというのも勉強になるのではないでしょうか。

 

ホームスタディコースの受講生も、スクーリングに参加することが可能

さらに、ホームスタディコースの受講生であっても、スクーリングに参加することが出来るようになっています。

 

講師から直接指導を受けることが出来ますので、この機会を役立てたいですね。

 

ニューヨークメイクアップアカデミーの評判は?

・アメリカの技術も学べて良い
・現場に近い技術が学べる
・質問に丁寧に答えてもらうことが出来る
・指導が上手でやる気が出る

 

など、このような声が多く見られました。