ヘアメイク|資格の種類はどんなものがある?

ヘア・メイクアップに関する資格には、主なものでは次の3つがあります。
※『 』内は資格の名称、( )内は主宰団体の名称。

 

1,.『JMA検定/3級-2級-1級』JMA(JAPAN MAKE-UP Association/日本メイクアップ技術検定協会、略称:JMA)
…“国際的に通用するメイクアップアーティストの育成を目指す”コンセプトのもと、検定では、同団体の定めるメイク基準が正しく実行されているかの審査が行われます。

 

検定は3-2-1級まであります。試験内容は実技のみ。2級以上の合格者には、『JAM認定講師』の試験の受験資格が与えられ、同協会が認定するスクールの講師となる道も開かれます。

 

2,.『IBF認定国際メイクアップアーティスト資格』(国際美容連盟。英称:International Beauty Federation。略称:IBF。)
…理事は、イッセイ・ミヤケやコムデギャルソン、ゴルチエのショーのランウェイメイクを担当したリンダ・メーソン。アメリカのN.Yと東京に拠点をおき、主に若手の育成への貢献を目的に設立された団体です。

 

認定試験は年4回実施され、筆記と実技によって、基礎と技能から、プロとしての実践的技能の有無が審査されます。『IBF認定国際メイクアップアーティスト』の資格取得以降は、同団体から就職支援を受けることが可能となります。

 

3,.『MSOJ認定メイクアップ検定/3級-2級-1級-認定講師』(MAKEUP SOCIETY OF JAPAN/日本メイクアップ連盟、略称:MSOJ)
…長くメイクアップアーティストの第一人者として活躍したトニータナカが、メイクアップのレベルの統一と、アーティストの育成と地位向上をめざし、2004年に設立しました。

 

検定では、メイクアップの基礎知識と技術が審査され、必要とされる能力を段階的にチェックするために級が設定されています。

 

『1級』への合格によって、TVや映画、スタジオ撮影、ブライダルなどの仕事が、認定講師では、同団体の講師を目指すことが可能となります。